IT革命

オンラインビジネスの始め方!知識ゼロでもビジネスを成功させるには?

とびけんです。(^-^)副業解禁や新型コロナウイルスによる外出自粛、経済的な不安などにより「オンラインビジネス」に目を向けている人は少なくありません。オンラインビジネスには数多くのメリットがあるうえ、未経験者でも始めやすいのがポイントです。
この記事では、オンラインビジネスの種類や成功させるコツ、始めるときの心がけなどについて解説していきます。

オンラインビジネスとは?

オンライン=インターネット上で利用できるもの、
つまりインターネット上で展開するビジネスをオンラインビジネスと言います。今ではオンラインビジネス英会話とか、オンラインビジネス交流会とかも一般的になっています。お互いに求めているものが合致すれば、対面しなくてもそこで業務提携することもできるオンラインビジネスマッチングも日本にはあります。

インターネットビジネス(略してネットビジネス)や、webビジネス、テレワークビジネス、リモートワークビジネス、デジタルビジネス、在宅ワーク、ITビジネスなども、厳密に言うと全く同じではありませんが、同じようなものとして説明されることが多いです。
ここではオンラインビジネスとして説明していきます。

オンラインビジネスの魅力

何よりもまず「始めやすいこと」が挙げられます。事業内容や規模にもよるものの、端末さえあればいつでも始められるのがオンラインビジネスの長所です。スマホだけで行える事業もあるうえ、従業員さえ必要としないこともありえます。自分だけで完結できるので、始めるハードルが低いといえるでしょう。さらに、オンラインビジネスは時間や場所にとらわれません。深夜帯でも日中でも関係なく働けます。自宅をそのままオフィスにできるため、副業やコロナ禍の仕事に向いています。

さらに、オンラインビジネスは大きな収入も見込める手段です。自分に合った分野を見つけ、正しい方法でコツコツと続ければ事業を拡大することも夢ではありません。そのほか、「精神的な安定」も得られます。自分の仕事がある状態は、経済面以外にも安心と自信を与えてくれます。緊急事態のよりどころになる副業として、オンラインビジネスはおすすめです。

自分に合ったものを!オンラインビジネスの種類

オンラインビジネスはさまざまな種類に分かれています。成功への第一歩として、自分に向いている分野を選びましょう。特に、楽しみながら長く続けられるものを見つけることが大事です。以下、代表的な種類を紹介していきます。

オンライン✕物販で収入を得る

メルカリやオークションサイトのほか、オリジナルの物販サイトなどで商品を売る方法です。不用品を売りに出すところから始めれば、比較的手軽に参入できるジャンルだといえます。また、安く商品を仕入れてきて利益を乗せたうえで販売する「転売」もよく知られているビジネスです。仕入れ値と販売価格の差額がそのまま自分の利益になります。

ただ、物販では「仕入れ」の存在がデメリットにもなりえます。十分な資金がないのであれば、ハンドメイドの雑貨品やオブジェなどを売ってみるのもひとつの選択肢です。趣味を兼ねて行うと、楽しみながらビジネスを続けられるでしょう。さらに、在庫管理が不安ならば「ドロップシッピング」がぴったりです。業者が在庫管理や発送を請け負ってくれるビジネスのスタイルです。仕入れた商品を自分で管理する手間がなくなり、未経験者でもスムーズに事業を起こせます。

ブログから広告収入を得る

文章力に自信があったり、物を書くことが好きだったりするなら、ブログで広告収入を得るのも可能です。広告の手法で有名なのは「アフィリエイト」です。ブログ内で商品やサービスを紹介し、読者を消費活動に誘います。もしも自分のブログを経て購入や入会にいたった場合、収益の何割かが書き手に入ってくる仕組みです。あるいは、ブログ内に広告を貼り付け、クリック数に応じて収益を得られる「アドセンス広告」も人気です。アフィリエイトよりは額が少なくなるものの、必ずしも読者が購入にいたらなくてもいいので稼ぎやすい方法だといえます。

ただ、いずれの手法を選ぶにせよブログにアクセスを集めなければお金にはなりません。SEOを意識したりトレンド商品を取り扱ったりするなど、記事の書き方や運営方法には工夫が必要です。そのかわり、人気ブログに成長すれば不労所得として定期的にお金が入ってくることとなります。

サービスを販売する

特別なスキルをお金にする方法です。Webデザインやプログラミングなどの技能は、クラウドソーシングで一定の需要を見つけられます。自分に合ったクライアントと契約することで、仕事が舞い込んできます。また、Webライティングや事務作業などは専門的なスキルを要さない場合も少なくありません。しかも案件数が多いので、単価にこだわらなければ初心者でも副収入の源にできます。

趣味や特技を生かしてコンサルティングを行ったり、講座を開いたりするのも得策でしょう。好きで続けていたことでも、他人からすれば「詳しく知りたい」と思われる可能性があります。PR活動次第で人気講座になる確率はゼロといえません。そのほか、単純作業の代行ビジネスなどもインターネット上で募集されています。

コンテンツを販売する

文章や動画など、自分の知見を形にしたものを「コンテンツ」と呼びます。求めている人さえいれば、コンテンツは立派な収入源になりえます。たとえば、「異性にモテる方法」「英語を短期間で話せるようになる方法」などを知りたがっているネットユーザーは多いでしょう。「時短料理のレシピ」なども人気のコンテンツです。これらを文章化し、PDFとして販売する手法が広まっています。コンテンツ販売は、文章をツールにするという点がブログのアフィリエイトと似ています。ただし、アイリエイトは他人の商品へと読者を誘導することで得られる収入です。それに対し、コンテンツ販売はあくまで自分の商品を自分で売るシステムです。

オンラインビジネスで失敗しないための注意点

せっかくオンラインビジネスを始めたにもかかわらず、「予想していたほど稼げない」というケースは少なくありません。ただ、それはビジネスそのものの問題というよりも始め方を間違っている場合が多いといえます。この段落では、オンラインビジネスを失敗させないポイントについて解説していきます。

すぐに「稼げない」と判断しない

多くのオンラインビジネスはすぐに結果が伴うと限りません。そもそも、固定の顧客が集まっていないのに安定した収益につながることはないでしょう。また、ノウハウを学んでいないうちは非効率的なビジネスの進め方をしてしまうこともあります。実践してみてから得られた気づきを参考にして、徐々にコツをつかんでいくのがオンラインビジネスの基本です。早い段階で「自分には無理」と投げ出してしまうと、時間や費用を無駄にしてしまいかねません。

また、ひとつのビジネスを長続きさせようとせず、複数の分野に次々と乗り換えていく人もいます。ただ、このやり方だとどの分野でもコツをつかめないままです。そのため、新しいビジネスを始めても失敗を繰り返してしまうことになります。大切なのは困難にぶつかっても投げ出さず、コツコツとひとつのビジネスで努力してみる姿勢なのです。

ノウハウコレクターにならない

オンラインビジネスの世界では「ノウハウコレクター」になってしまう人も少なくありません。ノウハウコレクターとは、方法論だけを学んで満足してしまうタイプの総称です。世間にはビジネス書や自己啓発本など、ノウハウを解説した文献が数多く出回っています。また、ネットを少し探せば成功者の言説もたくさんヒットするでしょう。ただ、これらの言葉に触れているだけで「成功者と同じ思考を手に入れた」と錯覚しているだけでは、なかなかビジネスプランを実行に移せません。むしろ、充足感を覚えてしまって何も始められない場合すらありえるのです。

新しいことを始めるには莫大なパワーが必要です。そこで、最初は「不用品を販売してみる」などの小さなビジネスから始めてみましょう。考えているだけでなく、とにかく行動を起こすようにします。実践を続ける中で、ノウハウを学ぶだけではお金にならないと知ることが重要です。

集客・販売を軽視しない

未経験で始めやすい事業とはいえ、オンラインビジネスでも集客や販売をしっかりと考えましょう。なぜなら、ビジネスの売上は基本的に「商品力」「集客数」「販売力」の掛け合わせで決まるからです。いずれの要素が欠けていても成功は見込めないため、「分かる人にだけ分かればいい」という発想では収益に結びつきにくいといえます。特に、コンテンツ販売や自作の商品を売るケースでは、マニアックな思考に傾いていくことが珍しくありません。もちろん、より良い商品を生み出す努力は重要です。しかし、ターゲットにとって魅力的な商品にならなければ、売上を伸ばせないのです。集客や販売を学んだうえで、商品を考えることが大事だといえます。

もしもオンラインビジネスで成功したいのであれば、マーケティングのスキルなど基礎知識を取り入れていきましょう。そして、顧客目線に立った戦略を実施していくように心がけます。

オンラインビジネスで成功するポイント

第一に「継続すること」です。少しくらい結果が出ない時期があっても、あきらめてしまっては何も残りません。常に原因を考え、前向きに克服していく意思を持ちます。次に、「工夫」を怠らないようにしましょう。ライバルの多いジャンルで、ありがちなことをやっていても勝ち目は少ないといえます。他の人がやっていないビジネスを考え、ターゲットを呼び込むアイデアを生み出すようにします。そして、「向上心」です。ビジネスの仕組みを積極的に学び、実践していくことが大事です。勉強だけでも行動だけでもなく、両者を押さえていきます。

もちろん、初心者のうちはわずかな利益しか得られないこともあります。ただ、そこで「オンラインビジネスは稼げない」と離脱するのではなく可能な限り耐えてみましょう。継続する中で改善点を見出せば、ビジネスは軌道に乗ります。さらに、ビジネスの基本や本質を知り、正しいノウハウで効率的に売り上げアップを図れるよう意識します。

オンラインビジネスの始め方

いざオンラインビジネスを始めるのであれば、具体的な行動に移していくことが大事です。知識をためこむだけでなく、ビジネスの現場に立つためのきっかけへと自分から飛び込んでいきましょう。以下、ビジネスの始め方として例を挙げていきます。

オンラインコンテンツで学ぶ

ジャンルごとに、オンラインビジネスの専門家は情報を提供してくれています。たとえば、コンテンツ販売であればノウハウが語られている動画などは少なくありません。転売ノウハウを詳しく掲載しているWebサイトなどもあるでしょう。自分に合ったオンラインコンテンツを探し、実践的な知識を身につけるのはビジネスの第一歩です。そして、気になる発信者がいればSNSをフォローしたり、メルマガに登録したりして情報をこまめにチェックします。成功者の思考を参考にしながら、最新情報を収集していくとビジネスのプランを固める際に役立ちます。

ただし、よくある失敗として、リサーチに力を入れるあまり行動しなくなることが少なくありません。コンテンツはあくまでも教材の一部です。それらで有益な知識をたくさん取り入れたとしても、行動に移さなくては1円の利益にもなりません。勉強の成果は行動によって確認し、反響を見極めながら再び学んでいくというサイクルを生み出しましょう。

師や仲間をつくる

オンラインビジネスは勉強の後に実践をして、改善点を見極めていくことの繰り返しです。ただ、自分を客観視するのは困難なので、改善点を冷静に探せないケースは珍しくありません。そうなれば、致命的な間違いを犯していてもなかなか気づけず、ビジネスの効率性は上がらないのです。そのため、同じ分野に詳しい人間から助言してもらうことは非常に大切です。たとえば、オンラインビジネスの方法をコンテンツ化している人がいれば、投資と考えてお金を出してみましょう。ときにはコンサルを受けてみるのも賢明な方法です。

ただ、ノウハウを説く人はたくさんいるので、自分に合った相手を見つけることが必須です。キャリアと実績が豊富な成功者であれば、その言葉には重みがあるといえます。また、オンラインビジネスの経験者が集まるコミュニティも増えてきました。運営者にコンタクトを取り、参加させてもらうのも貴重な経験となります。情報を交換したり、お互いを刺激し合ったりできる仲間と出会えることもありえます。

オンラインでならすぐに自分のビジネスを始められる!

コストや場所、従業員などを気にしなくても、すぐに始められるのがオンラインビジネスのメリットです。ただ、わずかな利益を生み出したとしても「ここからどうやってビジネスを成長させていけばいいのか分からない」という人は多いでしょう。また、そもそもビジネスを始める決心をつけられず「集客方法が難しそう」「販売力のある商品に悩む」という段階でつまずいてしまうケースも珍しくありません。こうした不安を解決するには、有益な情報を収集してノウハウを学ぶことが大事です。

このコラムもそうですが、とびけんはオンラインビジネスに関する情報を提供しています。LINE@で手軽にコンテンツをチェックできるので、オンラインビジネスに興味があるならまずは参加してみましょう。さらに、有料参加のオンラインビジネススクールのダイジェスト版を無料で受講できるなど、お得な情報が満載です。ビジネスの初心者にぴったりの内容といえます。

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...
error: Content is protected !!