IT革命

オンラインビジネスで起業したい!起業の方法や起業しやすいビジネスなど

とびけんです(^-^)オンラインで自分のビジネスを始めたいと考えている人は多いでしょう。現代は以前に比べて起業のハードルが低くなり、自分の力で稼ぐことを目指す人が増えてきたからです。今回の記事では、そのような人々のために、オンラインビジネスの起業方法について説明します。また、オンラインビジネスを成功させる秘訣や注意すべきことも併せて紹介します。

オンラインで起業するメリット

 

オンラインで起業するという考え方は、ネット環境が発達した現代ならではのものです。オンラインビジネスのメリットは、リスクが低く、始めやすいということでしょう。一般的なリアルビジネスを新しく始めようと思えば、ある程度の初期投資も必要なのが普通です。しかし、オンラインで起業すれば低コストで始めるのも難しくはありません。低コストで始められる理由としては、ほとんど全てがネット上で完結するため、余計な人件費や家賃が掛からないからです。リアルビジネスよりもリスクが低く始められるのは、初めての起業や副業にも向いているといえます。

また、オンラインビジネスはパソコンやスマートフォンだけでも仕事ができます。パソコンやスマホのみで全てが完結するので、時間や場所の制約を受けない自由な働き方も実現しやすくなるでしょう。現代は単に仕事のやりがいや収入面を求めるだけではなく、自分らしいライフスタイルを望む人が増えてきています。低リスクで起業できて制約が少ないオンラインビジネスは、自分らしく生きたい人にも人気があるのです。

オンラインで起業する際の注意点

オンラインで起業するのはよいことばかりに見えますが、それだけではありません。オンラインで起業するときの注意点として、ビジネスの種類によってはコストが掛かるというのがあります。具体的にどのようなオンラインビジネスでコストが掛かるのかといえば、物販が代表的です。物販は安く買って高く売れば利益が出るため、多くの人々が参入しているビジネスです。ただ、仕入れのための資金や在庫管理場所の確保などが必要になり、本業として行うならある程度のコストも掛かることになります。

また、オンラインビジネスはコストが掛かる場合があるといっても、多くはリアルビジネスほどではありません。リスクも低くなっています。そのため、起業しても熱量が薄まりがちになるという問題があります。意識しなくても勝手にモチベーションが高まるならよいですが、そうではないのなら、自分なりのモチベーション維持手段を持つべきかもしれません。お金をたくさん稼いで家族を楽にさせたり、欲しいものを手に入れたりといった目標があれば、モチベーションも維持しやすいのではないでしょうか。

最後に起業をするなら、納税に関する知識も必須になります。雇われて働いていたときは気にしなかったかもしれませんが、起業すれば納税も自分でしなければいけないからです。

具体的に「起業」とは?どうすればいいの?

一言で起業するといっても、具体的にはどのように行動すればよいのでしょうか。たとえば、個人事業主になるのと新しい会社を立ち上げるのでは、やることが違ってくるでしょう。ここでは、それぞれの違いについて紹介します。

コストなしですぐできる!個人事業主になる

個人事業主とは、その名の通り個人で事業を行う人々を指す言葉です。個人事業主は会社を設立するなどの面倒な作業がなく、開業届を所定の税務署に出せばすぐになれます。そのため、起業初心者やリスクを取るのに抵抗がある人は、まずは個人事業主から始めてみるとよいでしょう。開業届に必要事項を書いて提出すれば厳しい審査もなく承認されるので、拍子抜けするほど簡単に感じるのではないでしょうか。ただ、手軽に始められる反面、法人に比べると社会的信用が低く、節税面でも劣るのがデメリットです。

信用については、実績を積み重ねていけば増やせるかもしれませんが、税金面は社会システムに組み込まれているので改善が難しいでしょう。特に売上が一定以上の基準に達しているときは、法人化しないと損することになります。個人事業主は小さな規模のオンラインビジネスから始めたい人には向いていますが、大きな規模で展開したい人には向かないのです。

本格的に始めるなら!会社を設立する

最初からある程度の売上が見込まれたり、本格的にビジネス展開したりしたいなら、株式会社や合同会社を設立するとよいでしょう。株式会社や合同会社は税金と信頼面で個人事業主よりも優位性があるため、しっかりとした事業展開をしたい人には最適な形態です。ただ、会社の設立は個人事業主を始めるよりも遥かに複雑であり、場合によっては専門家に代行を依頼するパターンも考えられます。具体的な内容としては、登記や定款の手続きがあり、専門家に依頼しない場合には、これらを自分でしなければいけないのです。

また、会社の設立にはお金も掛かります。設立費用として必要なのは株式会社で26万円、合同会社で7万円ほどです。特に株式会社は安い金額ではないので、安易な気持ちで設立するのは止めたほうがよいでしょう。なお、設立費用が安く済むのは合同会社ですが、同じ法人でも一般的には、株式会社のほうがより社会的信用が高いといわれています。

「週末起業」とは?

週末起業とは、本業をしながら起業することを指す言葉です。会社員などが本業の空いた時間にビジネスをするので、意味合いとしては副業と似たものと考えられるでしょう。週末起業という言葉が注目されるようになった背景には、副業解禁の流れがあったり、オンラインでビジネスができるようになったりしたのが大きいといえます。会社員で起業に興味のある人は多くいますが、大抵はリスクを取りたがりません。つまり、起業するために会社を辞めるのは抵抗があるのです。そのような場合、週末起業はリスクが少なく人気というわけです。

このようにメリットが多い週末起業ですが、注意点もあります。それは、事業計画をしっかりと立て、時間を確保してビジネスをしていくということです。週末起業だからといって中途半端にしか活動しないと、思うような結果は得られないでしょう。ビジネスである以上、本業と同じように厳しさが必要になります。時間のやりくりは大変な人もいるでしょうが、少し活動して大きな結果がでるほど甘くはないのです。

起業前に!最初に考えておくべきこと

起業する前には、事前に決めておいたほうがよいことがあります。ここでは、その内容について具体的に説明します。

起業する目的を明確にする

起業する目的や動機を明確にするのは、最初にやることとして大切でしょう。起業の目的や動機が明確でないと、道中で本当の目的を見失ってしまうかもしれないからです。また、オンラインとはいえ、起業して自分のビジネスを展開していくのは大変な労力です。特にビジネスが軌道に乗るまでは、思ったように利益が上げられないというパターンも少なくはありません。そのようなときに目的や動機が明確になっていなければ、途中で挫折してしまう恐れがあります。目的や動機を明確にするのは道に迷ったり、困難に遭遇したりしたときに、判断を間違えないようにするという意味合いもあるのです。

なお、目的や動機を明確にする具体的なやり方としては、起業がしたい理由と実現したいことを正直に言語化するのがポイントです。言語化するとはっきりとしたものとして自分でも認識できますし、それがビジネス活動の原動力にもなります。目的や動機は人によって違うでしょうから、自分のコアな部分をしっかりと見つめるようにしましょう。

事業内容を詳しく考える

事業内容も事前に考えておかないと、オンラインビジネスを始めることはできません。順番としては、目的を決めた後にどのようなビジネスをするのか決めるとよいでしょう。具体的にはまず、起業する業種や業態を決めます。決め方の基準としては興味があったり、やりがいを持てたりするものが基本となるでしょう。また、起業前に会社員として働いていた業界など、経験があるところもやりやすいかもしれません。全く経験がない業種でも起業はできますが、ビジネスが軌道に乗るまで時間が掛かってしまう恐れもあります。

起業する業種や業態が決まったら、事業計画も考えていきます。事業計画とは、ターゲットの設定や収益を上げるためのビジネスモデルを決めることです。詳細な部分は実際にオンラインビジネスをしながら軌道修正していきますが、大枠はこの時点で決めてしまいましょう。事業計画を書類にまとめた事業計画書は銀行の融資を受けるときも必要になるため、疎かにはできません。もし、融資を受ける計画があるなら、説得力のあるしっかりとしたものを用意するとよいでしょう。

オンライン起業をしやすいビジネス

オンライン起業には、向いているジャンルのビジネスがいくつかあります。ここでは、そのビジネスをいくつか紹介します。

コンテンツ販売

コンテンツ販売は自分の特技などのノウハウを、文字通りコンテンツ化して売るビジネスです。販売するものはデータなので物販のような在庫管理の必要が無く、コストも掛からないのが特徴です。また、そのノウハウが有効な限り、一度作成したコンテンツは自動的に売れ続けるでしょう。つまり、上手くいけば非常に旨味のあるビジネスといえます。具体的に販売するコンテンツ例としては、ビジネス系なら「成功するプレゼン方法」や「効果的な営業トークマニュアル」などを扱うことが考えられます。販売するプラットフォームも電子書籍から動画系まで揃っているので、コンテンツ内容に合わせられるでしょう。

さらに、コンテンツ販売の凄いところはビジネス系だけではなく、恋愛や趣味などのノウハウでも売れることです。たとえば、趣味ならハンドメイドのつくりかた、恋愛なら異性との体験に基づいたコンテンツなどがあります。ニッチすぎるものは収益化するのが難しいかもしれませんが、恋愛などの需要がありそうなジャンルなら大きく稼げる可能性もあるのです。

ネットショップ運営

モノづくりが好きな人は、ネットショップを運営するのもよいでしょう。たとえば、自分のハンドメイド作品やオリジナルTシャツなどをネット上で販売できます。世間の需要を敏感にキャッチした作品をつくったり、センスのよさを感じさせるものをつくったりできれば、多くのファンがいるネットショップが誕生するかもしれません。ネットショップそのものは自分で作成する方法と、Amazonや楽天などのショッピングモールに出店する方法があります。その中から、好きなほうを選べばよいでしょう。

Amazonや楽天は手数料を取られる代わりに、大きな集客効果が期待できます。また、自分のお店をつくるハードルも下がってきており、お店作成の専門サービスがあります。ネットショップ開設サービスを利用すれば初心者でも自分のお店を持てるので、興味があるなら挑戦してみましょう。初期費用をあまりかけずに始められるのも、このビジネスのよいところです。

オンライン講師・コンサルタント業

オンライン講師・コンサルタント業とは、自分の得意な分野を人に教えるというビジネスです。コンサルタント業はリアルで会って行うイメージがありますが、ネットの発達によってオンライン通話でもできるようになっています。そのジャンルは幅広く、資格勉強や英語などのお堅いものはもちろん、料理や楽器などの趣味に近いジャンルでも需要があれば売れます。営業や起業などのビジネス関連も安定した需要のあるジャンルです。そして、専門性や希少性の高い知識のある人、経験や実績のある人はコンサルタント業だけで生活できるくらいの高単価を狙うことも可能です。

このように魅力的なオンライン講師・コンサルタント業ですが、さらに大きくビジネス展開することもできます。たとえば、一人を相手にするのではなく、オンラインセミナーなどを開催して多数相手にビジネスをすれば、一回で大きな収益が見込めるというわけです。誰かに教えられるような知識のある人には、最適なビジネスモデルといえます。

オンラインで起業して夢を叶えよう!

オンラインでの起業は低リスクで始められ、本業と両立もできるというメリットがあります。このメリットを最大限に活かせば、仕事の空き時間にオンラインビジネスを行って軌道に乗せ、収益が安定してきたら本業にするというのもできるでしょう。ビジネスをする人の状況などに合わせて、柔軟に働き方を選べるのがオンラインビジネスの魅力です。ただ、最初のうちはビジネスモデルの確立や集客で苦戦する可能性が高く、割に合わないと感じることもあるかもしれません。オンラインビジネスのやり方にもコツがあり、それを覚えるまでは思った通りにいかないのが普通だからです。

そのようなときは、LINE@で提供している情報を活用してみるとよいでしょう。このLINE@は集客や販売を勉強してビジネスを大きくしたい人、いずれは法人化したいという人に有益な情報を流しているからです。無料で参加できるので、気軽に手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...
error: Content is protected !!