原田翔太和佐大輔、創造的破壊プロジェクトファイナルパーティー

ライフスタイルデザイナー トビケンです^^




【そして伝説へ、、、。】

今年も去年に続き、
原田翔太さん、和佐大輔さん、和佐カオルさん、山田和正くんの
約250人を巻き込んだ盛大な誕生日パーティーのイベントが開催された。

でもクラブとしてのパーティーイベントはこれが最後。


今回も、前回以上に、
たくさんの人達が協力して想いを寄せてくれて、
(僕は主役ではないけどw)

たくさんの人達が参加してくれて、
(僕が集客してるわけではないけどw)


たくさんの人達が喜んでくれて、
涙あり、感動あり、笑いあり、たまに苦笑いありの、


まさに企画側も協力者側も参加者側も、
みんなが一体となった融合パーティーになった。


みんないつも通り、
素晴らしく変人だった。
素晴らしく自分をさらけだして暴走してた。



そして、今回も山田和正くん、和佐カオルさんと僕は、
イベント企画側に回った。


もうこの三人は、
お決まりの変態トリオになってしまった(笑)


メグミさんや田中さん、三浦さんも手伝ってくれて。
前回以上の感動を巻き起こせられればと、知恵を絞った。



今回は前回以上に準備時間もなかったし、
僕も含め、みんな前回以上に忙しくて、
スケジュールが合わず、

叩き上げの企画(イベントの軸になる企画の部分)を出すのも、
ほとんど僕とカオルさんだけだったし、


前回で、もうネタを出し尽くしたのでは無いかと思い。
初めは頭を抱えた。


でも、カオルさんとスカイプで話してて、
ニヤニヤと、エヘヘと、ワクワクを膨らませていると、
アレもコレもと、でてきた出し物のアイディア。


そして、更に協力してくれた、
みんなのアイディアや演出で、
肉付けして大きし、細部も決めていく。


この時点で、一緒に成長していく仲間達の、
色んな想いやストーリーが込められ、
増幅し、彩られ、色んな形になって変形していく。

その舞台裏の磨き上がっていく過程も美しかった。
楽しかったなー。
作り上げていく過程も。


そして、
今度はそれを実際に当日のイベントで見せれる形にするための、
練習場所や練習時間の確保。


衣装、小道具、業社の手配、人の手配、
協力者、ゲストの呼びかけなど、具体的にスケジュールに組み込み、




みんな忙しい中、無理やり時間を取ってもらって、
協力してもらった。本当に感謝。




急遽決めた無茶ぶりの内容やスケジュールにも、
みんな喜んで協力してくれて嬉しかった。




忙しいからゴメンとか、
自分には関係ないみたいになって、
総シカトされてたら、


それはそれで伝説になっていただろう(笑)
でも、みんな良い人達で(変人ばかりで)良かった。
大きな事故も起こらず無事に終了した。


当日のパーティーイベントの中の出し物一つ一つに、
みんなの成長物語と熱い想いが込められている。


これらの真意は、ほとんど企画側と協力者側しか
わからないと思うけど、


このプロセスを得て、華やかな表舞台よりも、
舞台裏にこそ、更にドラマや感動ストーリーがあるんだと、


巻き起こる涙や感動、笑いや苦笑いの渦を、
渦の発生する中心や、全体の上から眺めてみて、改めて実感した。



原田さんや和佐さんを初め、カオルさんも山田くん、
協力者、仲間達、参加者も、
皆が楽しんでもらたようで本当に良かった。



【行動が現実を変え、想いは連鎖し広がっていく。】

僕の座右の銘は、上記のように最近変わったのだけど、
コミュニティの中の一人が変わると、
連鎖して、そのコミュニティに属する多くの人が刺激を受けて変化していく
(変化するキッカケを受けていく)


このフェイスブックのイイネも、
フェイスブックを大きなコミュニティとしたら
同じ事が言えると思うし。


今回のイベントも、クラブの活動も、今後も、
主催者の原田さんと和佐さんをリーダーの中心として、
多くの人を巻き込み、多くの人に影響を与えていると思う。


もっと自分の気持ちに素直に生きてもいいんだよって。

もっと自分を信じ、良い面も悪い面も受け入れ、
幸せを受け取る自分を許してもいいんだよって。

もっと人生冒険して、楽しんでもいいんだよって。



次またイベントやる時は、コチラの無料Dive To Free通信からお知らせします。

ライフスタイルデザイナーとびけんのDive To Free プロジェクト。無料通信








>>え? IT社長で1位?<<




ブレインダンプまとめ
【原田翔太、和佐大輔、和佐薫、山田和正、トビケン、創造的破壊プロジェクト、創造的破壊プロジェクトクラブファイナル、創造的破壊プロジェクトセミナーパーティー】